肝臓に良い食事・悪い食事

肝機能を高めたり肝臓の健康を維持するためにはやはり、決め手になるのが食生活です。
肝臓に良い食事をとることにより、肝臓の健康をキープしながら肝臓障害を予防できます。

 

一般的に生活習慣病予防としては食事の量を減らす方法が挙げられますが、肝臓の場合は有効成分や栄養素を摂ることでケアできます。
そのために良い食べ物としては「しじみ」が有名です。
他の貝や魚類にも含まれていますが、豊富なアミノ酸が細胞の合成を助けるため、甘草に良いと言われています。
アミノ酸は大豆製品や乳製品、ゴマなどにも含まれています。

 

また、牡蠣やタコ、イカなどが含有しているタウリンは肝臓に付着した中性脂肪を体外に排出する効果があります。
ワカメやコンブなど海藻類は肝細胞そのものを増加させる働きがあります。

 

逆に肝臓に悪い食事は避けてください。
とくに高たんぱく質の食生活は肝臓の負担になります。肝臓はたんぱく質の代謝機能もありますから、たんぱく質は適度に摂るようにしてください。
お酒との付き合い方も考え直さなければなりません。
休肝日を作って量を減らし、肝臓の負担を軽減しましょう。
これと併せて、良い食事を心がけることで肝臓を労わることができます。