肝炎とは

肝炎とは、文字通り"肝"臓に"炎"症が起きた状態の肝臓障害です。
大きく分けてアルコール性、非アルコール性、脂肪性といったタイプがあります。

 

アルコール性の場合は文字のごとくアルコールによる炎症です。
お酒を飲み過ぎたことで肝臓が疲れ、それで炎症が起きてしまいます。
非アルコール性や脂肪性の場合は、生活習慣病リスクが高い肝炎の種類です。
治療せずに放置してしまうと肝硬変に進行します。

 

また、ウイルス性もあります。
ウイルス感染による肝炎はA型やB型、G型などの種類があります。
日本人の肝炎のおおよそ8割はウイルス性とされています。
この中でも、性行為が感染経路となるB型肝炎が有名ですが、いずれも危険性があります。

 

しかしながら肝炎はほとんど自覚症状があらわれません。
とくに脂肪肝から進行する場合も多く、脂肪肝自体が自覚症状に乏しいために知らずのうちに肝炎を引き起こす例もあります。

 

アルコール性や非ウイルス性肝炎の場合は食生活などの生活習慣に問題があるので、そちらを改善することで対策になります。