肝硬変とは

肝硬変とは、他の肝臓障害が進行して起こる状態です。肝機能が衰えて、肝細胞が死滅して肝臓そのものが委縮し硬くなっています。
肝臓障害の中でも最終ステージと言っても過言ではないでしょう。
たとえば、ウイルス性の肝炎を放置した場合に肝硬変に進行するなど、他の障害が引き金になります。

 

肝炎などと同じく肝硬変も自覚症状が少ないです。
疲れやすい・食欲減退などの症状はありますが、分かりにくいため気付いたときには悪化しているケースも多々あります。
悪化すると腹部の膨張や意識朦朧といった、命に関わる症状が出ることもあります。

 

また、出欠や吐血することもありえます。そして厄介なことに肝臓ガンを患うこともあります。
肝硬変は進行するほど肝臓の機能は低下し、肝臓自体も悪くなり、最終的には肝臓移植が必要になってしまいます。

 

生活習慣が原因の場合は、移植手術をしても繰り返し同じように肝硬変を発症してしまいます。
ですから生活習慣の改善は欠かせません。