有効成分『オルニチン』とは

健康成分として話題のオルニチン。
オルニチンは体の中でも肝臓に有効と言われています。
具体的な働きを言うと、2つの作用があります。

 

まず、肝臓組織の修復と肝機能アップを促す働きがあります。つまりは肝臓自体に働きかける作用です。
そして、アルコールの分解や尿素回路を構成してアンモニアを代謝する働きがあります。これは本来は肝臓が行う仕事を代わりに行っているようなものです。

 

まとめると、肝臓を健康にしながら肝臓の役割を助けて負担を軽減することができます。
ですから、オルニチンを積極的に摂取することで肝機能を高めたり、肝臓障害の予防に役立ちます。
とくにお酒をよく飲む場合、飲み会が多い時期などにオルニチンを摂ることで二日酔いを含む肝臓への影響を防ぐことができます。

 

ちなみにオルニチンは運動や筋力にも関わっているので、肝臓が気になる人だけでなく普段から運動される方からも注目されています。
オルニチンは食べ物からでも摂れますが手軽に摂れるとしてサプリメントが人気です。
忙しい人でも手軽に摂れますし、お酒を飲む前に摂取するにも便利なのでおすすめです。