脂肪肝とは

肝臓障害の中でもとくに脂肪肝は軽く見られています。しかも、自覚症状がほとんどないために放置されやすい病気でもあります。
しかしながら脂肪肝も深刻な病気です。
肝臓に脂肪が蓄積された状態で、その脂肪のせいで肝機能が低下してしまいます。

 

通常、エネルギーとして使われなかった分が脂肪として肝臓が蓄積します。
それを繰り返しているうちに脂肪が溜まっていき、脂肪肝になります。
そして、肝臓はアルコールを分解して無毒化する働きがあります。
分解と無毒化という2つの働きだけでも肝臓はいっぱいいっぱいですが、さらにお酒の量が増えると肝臓は働き続けることになって負担が大きくなります。
結果、脂肪の代謝機能が低下してしまい、アルコール性の脂肪肝を引き起こすことがあります。

 

つまり、脂肪肝にはアルコール性と非アルコール性があるのですが、いずれにしても自覚症状が乏しいので、気になるときは早めに病院で検査を受けてください。
脂肪肝も肝硬変や肝臓ガンに進行する病気ですので甘く見てはいけません。